メーカーと販売店を繋げる架け橋|ラウンダーを知ろう

店のサービスを公平に評価

男女

客の立場で客観的に調査

店舗経営者にとって、自分の店が顧客からどう評価されているかを正しく知ることは経営戦略上もっとも重要なポイントです。それには、公平かつ客観的な調査を行う必要があります。こうしたニーズに応えるのが、覆面調査です。覆面調査とは、覆面調査員と呼ばれるスタッフを店に派遣し、客の立場になって店の状況を調査し、評価することをいいます。具体的には、店内の清掃やメンテナンス状況、商品の陳列方法、サービスの内容、スタッフの接客マナーなどが調査対象となります。覆面調査員は、専門の調査会社に登録されている一般の主婦や学生、OLなどが務めます。もちろんその店とは利害関係にない者が選ばれます。つまり、普段は一般の客としてその店を利用しそうな人が調査を行うわけです。といっても、彼らは単なる素人ではありません。事前に研修を実施し、調査すべき項目等に関する入念なレクチャーを受けたうえで調査に臨みます。そのため、客の立場でありながらプロの目で店内外の状況を冷静に評価することができるのです。店を利用した感想や店への要望等を知る他の手段としては、実際の客にアンケート調査を実施するというやり方があります。しかしこの方法だと、客観的な評価が下せるほど回答数が集まるかどうかの懸念があります。かといって回答者に賞品を贈呈したりすると、内容の信頼性が損なわれるおそれがあります。その点、覆面調査であれば事前に調査員の数や調査してほしい項目等をリクエストできます。また、報酬は店からではなく調査会社から支払われます。そのため、精度の高い調査結果が得られるのです。