メーカーと販売店を繋げる架け橋|ラウンダーを知ろう

商品の売り込みを行う

女の人

ただの営業とは違う点は

ラウンダーというのは営業職のひとつといえますが、それまでの営業とはやや異なります。一般的に商品の販売のプロセスとしては、工場などでメーカーが生産し出荷されます。出荷されたものは問屋に売却され小売店に販売されたり量販店に直接販売されます。そして小売店で消費者が購入するというものです。営業ではそれぞれの段階で隣接する相手に対して売り込みを行うことになります。しかし、ラウンダーの場合には、商品を製造販売するメーカーが行うもので、実際に小売店などに出向いて、実際に自身のメーカーの商品の販売状況を聞いたり、また売れるような工夫をお店で行うというもので、競合する商品の状況の確認や分析なども行います。いずれにしてもその役割としては、商品の販売促進と実際の店頭の商品の販売状況を確認し報告を行うものになります。一般の営業では、主に売り込みを行うため実際には商品の卸値などを設定する権限がありますがラウンダーにはそれがないのが大きな違いともいえます。ラウンダーを導入するメリットとしては、やはり販売店で直接、売り込みの工夫を行うので、自社製品の販売促進に繋げることができるということです。これは商品を販売するメーカーにとって、これまで見えていなかった販売店での実態を直接、把握することができるので現行の商品の販売量の調整のほか、既存商品のちょっとした改良案や、またこれから開発する新商品のアイデアにも繋げることができます。

男の人

新規に頼らない戦略

新規営業が難しくなっている今、既存顧客を大事にする動きが中心となっています。その中で、ラウンダーの位置づけは小売店などの顧客にとっても非常に大事な存在なのです。どの程度配置するのかは収益性を鑑みて配置することが理想です。

ウーマン

販売を支援するスタッフ

ラウンダーは販売店などの小売店のスタッフ育成、在庫管理、売れ行きなどのマーケティングなどを行うフィールドスタッフです。上手く活用することでより効率化された店にしていくことが出来るでしょう。他の店でも応用できるノウハウが蓄積されるので、積極的にラウンダーに依頼するべきです。

男女

店のサービスを公平に評価

覆面調査は、覆面調査員が客の立場で店舗を利用し、サービスの内容や接客マナー等をチェックすることをいいます。実際の客へのアンケート調査よりも公平かつ客観的で、信頼度の高い評価が得られるという利点があります。